相続にまつわる問題・悩みって? - 遺産相続情報局

相続にまつわる問題・悩みって?
遺産相続情報局 > 相続にまつわる問題・悩み

相続にまつわる問題・悩みって?

相続が発生したとき、どんなことが問題になるのか。
みんな、どんなことで悩んでいるのか。
そんな相続にまつわる問題・悩みについてお話いたします。
そもそも相続が発生したら、どんなことをしなければならないのか。
それも併せて説明します。

まず必要なのが、相続人の確定です。
簡単な家族構成であれば、問題はでてきません。
しかし失踪していたり、行方不明の相続人がいれば、問題となります。
そういった場合は、所定の手続が必要になるのでご注意ください。

次に、相続財産の調査です。
亡くなられた方が所有していた財産を明らかにしなかればなりません。
ここで問題となるのは、どこにどんな財産があるのかわからない、という問題です。
こういった問題を回避するには、財産内容を生前にきちんと伝えておくことか、遺言書の作成が必要ですね。

相続財産が明らかになったら、その財産をどのように分けるか、分割協議を行います。
この分割協議で配分が決まらないというケースが、一番多い問題ですね。
まとまらなければ調停となります。
配分で揉めないよう予め遺言書を残しておくことが必要です。

配分内容が決まれば、実際の振り分けの手続をしなければなりません。
金融機関の取引であれば、その金融機関ごとに相続手続をしなければなりません。
取引金融機関が少なければ簡単ですが、多いと手続負担が多くなります。
この手続を専門家に依頼するケースも増えてきています。

最後に必要な手続が、相続税の申告です。
相続税の申告は相続発生から10ヶ月以内に行わないとなりません。
ここで問題となるのは、高額な相続税を負担しなければならない場合もあるということです。
遺されたご家族の負担を減らすため、生前贈与などを検討される方が増加していますね。
詳しくは、税理士に相談することをおすすめします。

いかかがでしょうか。
一般的な相続で問題となるものを列挙いたしました。
相続には問題がつきものです。
今一度、ご自身の相続について考えてみることをおすすめ致します。