相続の専門家って? - 遺産相続情報局

相続の専門家って?
遺産相続情報局 > 相続の専門家って?

相続の専門家って?

相続の専門家って誰?何を相談したらいいの?
実際に相続が発生したら直面する問題ですよね。
この記事では、相続問題にまつわる専門家について紹介します。

まず思い浮かぶのは弁護士でしょうか。
相続の問題で弁護士にお願いしなければならないのは、紛争の調停です。
つまり、相続財産の配分なので、折り合いがつかなかった場合です。
一般的な相続の場合は、弁護士に業務をお願いすることはあまりありません。

次に思い浮かぶのは税理士ですね。
税理士にお願いするのは、相続税の申告の業務です。
相続税がかからない場合は、税理士に業務をお願いすることはありません。
相続税には基礎控除が設けられていますので、この基礎控除内の財産であれば、相続税はかかりません。
相続財産が基礎控除を超えている場合、つまり相続税がかかる場合は必ず申告が必要です。
申告手続をご自身でされるのは困難なので、税理士に申告を依頼するケースがほとんどです。
相続税の申告は、相続が発生してから10ヶ月以内です。
この10ヶ月の間に相続財産の調査から、その財産の配分も決めて申告しなければならないので、ご注意ください。

最後に、司法書士について紹介します。
司法書士にお願いするのは、登記手続です。
例えば、亡くなられた方の名義の不動産があれば、相続登記をして、名義を変えなくてはなりません。
その手続きをしてくれるのが、司法書士です。
登記手続も専門的な手続になりますので、司法書士に登記を依頼する方がほとんどです。
不動産をお持ちの方であれば、必ず必要な手続きとなりますので、ご注意ください。

このように、一言に相続と言っても、相続にまつわる専門家はたくさんいるのです。
相続が発生したときに慌てるのではなく、今ここで、それぞれの専門家を確認していただき、今後に役立ててください。