多額の借金を残して死亡・・・どうすればいい? - 遺産相続情報局

多額の借金を残して死亡・・・どうすればいい?
遺産相続情報局 > 多額の借金を残して死亡・・・

多額の借金を残して死亡・・・どうすればいい?

遺産相続が発生し、いざ故人の財産を調べてみると、たくさんの借金が判明・・・こういったトラブルは、相続問題のなかでも非常に多い例です。
もしそんな状況になったらどうすればいいのでしょうか。
方法としては、2つあります。

1つめは、相続放棄です。
これはその名の通り、相続を放棄することです。
亡くなった方が持っていたプラスの財産もマイナスの財産(借金)も相続しない、ということです。
しかしながら、ただ単に何も受け取らなければいいというわけではありません。
きちんと家庭裁判所に、相続を放棄される旨の申し立てを行わないとなりません。
この家庭裁判所への申し立ての手続きは、ご自身が相続の発生を知ったときから3ヶ月以内という期限が設けられていますので、ご注意ください。

2つめは、限定承認です。
限定承認とは、プラスの財産内の範囲内でマイナスの財産も相続することです。
マイナスの財産がプラスの財産よりも多ければ、そのプラスの財産内で債務を弁済し、それを超過する債務については弁済する責務を負いません。
また、マイナスの財産よりプラスの財産が多ければ、その超過した部分を相続できます。
この方法は、借金があるのはわかったけれど、プラスの財産とマイナスの財産、どちらが多いかわからない状況で、非常に有効な方法です。
この限定承認も、相続の発生を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立ての手続きを行わなければなりません。

相続の発生から3ヶ月以内に相続放棄もしくは限定承認の手続きをしなければ、相続財産を単純承認したとみなされます。
つまり、プラスの財産もマイナスの財産も、全て相続することを承認したということです。
単純承認してから、多額の借金が判明しても、その相続を放棄することはできません。
相続が発生したらまず、借金がないか調べることがとても大事だと言えます。