相続のとき不動産が問題になるのって、どうして? - 遺産相続情報局

相続のとき不動産が問題になるのって、どうして?
遺産相続情報局 > 相続のとき不動産が問題になるのは

相続のとき不動産が問題になるのって、どうして?

相続の際問題となるのは、相続財産の配分方法ですね。
その配分方法が問題となる大きな要因は、不動産です。
預貯金であれば、簡単に分けることができますが、不動産となるとそうはいきません。
勿論、不動産を分ける方法はあります。

1つの物件であれば、共有持ち分というかたちで、分けて相続することができます。
しかし、これはあまり得策ではありません。
例えば1つの物件を、3人で3分の1ずつの共有持ち分で相続したとしましょう。
このときはよかったとしても、そのまた次の相続で、それぞれの相続人が相続して、そしてまたその次・・・ということを繰り返すと、関係者が何人も出てきて、大変なことになります。
また、仮に不動産を売却するとなったときは、所有者全員の合意が必要となりますので、その部分も認識しておかなければならないでしょう。

複数の物件を所有していれば、それぞれの物件を各人で相続する方法もあります。
しかしながら、不動産にはそれぞれ価値があり、その価値は物件ごとに異なります。
また不動産の価格は、相続税を考えるときの価格と、実際の市場で取引するときの価格は違います。
どれを基準に考えるのかも、注意が必要ですね。

このように、不動産を相続する際には色々と問題がでてきます。
かと言って不動産を持たない、というわけにもいきませんよね。
こういった問題を回避するために有効なのが、遺言書を残すことです。
遺言書に、どの不動産を誰に、また、その他の財産は誰に、ということの配分を明示しましょう。
そうすることで、相続人の方が配分で悩むことはなくなります。
不動産を所有されている方は、一度ご自身の相続について、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。