遺産相続について、誰に何を相談すればいいの? - 遺産相続情報局

遺産相続について、誰に何を相談すればいいの?

遺産相続について、誰に何を相談すればいいの?

「遺産相続について相談したいのだけど、誰にどんな方法で何を相談したらいいかわからない。」そんなお悩みをお持ちの方も多いかと思います。
遺産相続には相続の分野ごとに専門家がいます。
この記事では遺産相続の専門家についてお話します。

まず、弁護士についてお話します。
遺産相続で弁護士だけが行える業務があります。
それは紛争の調停です。
相続財産の配分内容が決まらなかった場合、間に入って代理人として交渉できるのは弁護士だけです。
もしそのようなトラブルが発生したら、弁護士に相談しましょう。

次に司法書士についてお話します。
遺産相続では、司法書士は相続登記の専門家となります。
相続財産に不動産があった場合、不動産の名義変更をしなければなりません。
その変更手続を行うのが司法書士です。

次に税理士についてお話します。
税理士は相続税の申告の専門家です。
相続財産が相続税の基礎控除を超えていた場合、相続税の申告は必ず必要です。
また相続税の申告の際は、相続財産の評価をきちんと行い申告しなければなりません。
ご自身で行うのは困難なので、税理士に業務を依頼する方がほとんどです。

また、弁護士・司法書士・税理士が共通して行える業務があります。
それは相続人の確認・相続財産の調査・遺産分割協議書の作成です。
また、この業務は行政書士も行うことができます。

遺産相続では、たくさんの専門家がいます。
ご自身のお悩みに合わせて専門家をお選びください。
また専門家同士で提携を組んでいるところも多いので、提携先を活用することで、専門家選びの手間を省くこともできます。
是非一度、専門家への相談を検討してみてはいかがでしょうか。

最後に遺産相続問題の相談先について悩んでいる方のためのサイトをご紹介します。
相続の相談はどこにすれば良い?-後悔しない遺産相続相談
http://xn--28j0bh5533ea103hwhx.com/